【信じられないミス】アマゾン配送ラベルを貼り間違えた時を話してみる

配送ラベル

こんにちは!^^

パワハラされて脱サラした元サラリーマンの、なかだ(ryoma01_13)です。

Amazonでの物品販売で、
最高月商135万円、最高月利35万円を達成しました。くわしくはこちら

 

ラベルについて

アマゾンには、二つのラベルがあります。

関連記事:【アマゾンに発送するときの注意点】商品が家から倉庫に行くまでを話してみた

  1. 商品ラベル
  2. 配送ラベル

商品ラベル

商品に一つ一つバーコードを隠す必要があります。

アマゾンで貼ってもらうサービスもあります。

ただ、お金がかかるうえに、商品によっては、

貼ってください!という商品もあります。

なので、自分で貼るのがお勧めです。

 

また、出品者用アカウントの設定で、

ラベルの種類を「メーカーのバーコード」にすると、

他人の商品のクレームが自分に入ることもあります。

 

配送ラベル

これは、アマゾンの倉庫で検品をする際に使われるバーコードです。

配送業者の伝票とは違います。

配送業者には、配送ラベルを隠さないようにお願いしてください。

 

なので、段ボールの天面には、

二つラベルを貼って発送という事になります。

(配送ラベルと配送業者の伝票)

 

しまった!配送ラベル貼り間違えた

アマゾンでの作業も慣れてきていたころです。

配送ラベルは納品プランそれぞれで番号が違っていました。

ですが、そのことをつい忘れていました。

 

以前発送しようと印刷したラベルを

紙がもったいなくて取っておいたのです。

 

そうしたら、ラベルに印字されている番号が違っていました。

なので、アマゾン倉庫では、数量が合わないことになっていました。

 

アマゾンテクニカルサポートに連絡

そのことに最初気づかなかったので、

数日たっても納品されないので、

どうなっているのかと質問しました。

 

すると、わたしが配送ラベルの番号が違ったものを

納品していたことが発覚しました。

アマゾンにご迷惑をおかけしたわけです。

 

そのあと、倉庫から、注意を受けてしまいました。

もったいないと感じた紙は、メモ用紙に使えばよかったです。

みなさんも貼り間違えると大変なので、気を付けて下さい。

 

発送するときの注意点

発送するときの注意点をまとめます。

関連記事:【アマゾンからの警告】梱包について注意を受けた内容をまとめてみた【注意点】

関連記事:アマゾンのマニュアル分かりにくい!アマゾンに送る段ボールの注意点!

 

商品ラベル

  1. 1つ1つに商品ラベルを貼る
  2. 商品にあるバーコードを隠す
  3. 貼りにくくても貼る!
  4. 複数の商品をセットで売るときは、バーコードを1つにする。
  5. Amazonのバーコードに設定する

特に大事なのは、メーカーのバーコードにしないで

「Amazonの商品ラベル」に設定することです。

あと、少しでも商品のバーコードが見えると、

「有無を言わさず」罰金になるので、丁寧に貼ってください。

 

配送ラベル

  1. 必ず貼る
  2. 納品の番号を間違えない
  3. 透明なシールで貼る
  4. 濡れても大丈夫なようにテープで覆う
  5. 発送する伝票でバーコードを隠さないように

 

賞味期限がある商品がある場合

賞味期限がある商品のことをアマゾンでは、

「要期限管理商品」といいます。

要するに、お菓子とか飲み物とかそういったもののことです。

 

こういった商品を送る場合は、

段ボールのどこでもいいので、

「要期限管理商品」が入っていることを示す

紙を貼る必要があります。

 

応援お願いします^^

ツイッターはじめました!

よろしかったら、フォローお願いします。

 

あとこちらも応援(クリック)よろしくお願いします!^^

ブログランキング

にほんブログ村

応援お願いします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です