生涯支出金額はいくら?将来幸せに暮らしたいが日々の生活費が心配な方に

パソコンを触る子供

こんにちは!^^

パワハラされて脱サラした元サラリーマンの、なかだ(ryoma01_13)です。

Amazonでの物品販売で、
最高月商135万円、最高月利35万円を達成しました。くわしくはこちら

 

感想などあれば、コメントくれると嬉しいです^^

今の仕事について、どのように考えていますか?(複数回答可)

結果を見る

Loading ... Loading ...

気が向いたらアンケートの回答もお願いします^^

 

将来必要な支出

今日は少し、暗い話になります。

将来について考えていない方は、

きっかけにしてください。

 

仮に、独身だとします。

ある人が、0~90歳まで生きるとします。

そうすると、どう計算しても、

1億円以上はかかります。

 

人が生まれてから死ぬまでの一生にかかる生活費は、

生活費1.6億円

固定費0.6億円(家電、車、結婚、住宅、葬儀費用等)

=2.2億円

と、莫大な金額がかかります。

※固定費は、特に個人差があります。

 

 結婚して、子供を産む場合

多くの人が考えているであろう、

結婚をする場合です。

子供の学校や、奥さんの仕事内容など

条件によって、結果は違ってきます。

 

養育費:約1640万円

教育費:約2200万円

※幼稚園から大学まですべて私立とします

住宅費:約4300万円

※注文住宅とします

土地を買い、自身の希望に沿って一から家を建てる注文住宅では4334万円

建て売りの分譲戸建住宅では3840万円

分譲マンションでは4192万円

 

日本人の平均年収

日本人の平均収入は、約400万円です。

 

年代別の、中央値で見ると、

20代 約300万円
30代 約410万円
40代 約520万円
50代 約530万円
60代 約380万円

以上の数字になります。

中央値は、平均収入より

よりリアルな数字となります。

平均収入より、中央値は数十万円低くなります。

【生涯賃金】

大卒・大学院卒

男性:2億7,000万円

女性:2億1,670万円

さらに、男性について退職金と雇用延長による収入を含めると、

同年の男性の生涯賃金は平均で3億2,640万円です。

派遣やアルバイトも含めた数字で見ると、

350~360万円となります。

 

また、日本人男性の中央値は、

420~450万円となります。

 

人生100年時代

昨今、よく聞く言葉となりましたが、

これからは、「人生100年時代」となります。

人生100年時代(じんせいひゃくねんじだい)とは、ロンドン・ビジネス・スクール教授のリンダ・グラットンとアンドリュー・スコットが『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)100年時代人生戦略』(東洋経済新報社)で提唱した言葉。出典

この言葉の意味としては、

勉強・仕事・老後という

3つのステージが

シームレスになるという事です。

 

少なくとも、人生はこれからどんどん長くなります。

 

ここで、少し話はそれますが、

レイカーツワイル氏をご存じですか?

彼が提唱する考えの中に、

「死」が「選択制」になるというものがあります。

レイ・カーツワイルはアメリカ合衆国の発明家、実業家、未来学者、思想家。本名はレイモンド・カーツワイル。 人工知能研究の世界的権威であり、特に技術的特異点に関する著述で知られる。出典

2045年のシンギュラリティというものを提唱している方です。

※個人的には、2045年より早まる可能性が高いと思っています。

 

これが合っている合っていないは、

今のところ誰にも分かりませんが、

今後も長生きしていく方向というのは

間違いないです。

もし、そうなったとして、

わたしはすごくワクワクする未来だなと思います。

中には、長生きしたくないっていう人もいると思います。

そうすると、お金は、更に必要になっていきます。

なので、今の試算は重要ではありません。

もっと増えるからです。

そのため、ベーシックインカム

導入する動きが今後世界中で出てきます。

 

老後2000万円問題

老後2000万円問題

老後2000万円問題とは、

2019年に金融庁の報告書から

年金だけでは生活できない」という部分が

クローズアップされ始まった問題です。

 

具体的には、年金だけでは生活できず、

生活するために、個人でプラスして2000万円必要という内容です。

月平均で5万円足りないので、

平均貯蓄が2000万円あるので問題なしというのが、

金融庁の考えでした。

ですが、世間では貯蓄がない人もいたため

混乱してしまいました。

 

そもそも、この計算は単純なもので、

個人によって(収入・年齢・家族構成など)

大きく異なります。

ですが、世間に対する衝撃は強かったわけです。

 

今の生活費は?

これからどうしよう。

そう思われる方は、

まず、日々の生活費を知ることが大切です。

そうすることで、貯金ができる可能性が高くなります。

今の現状を知り、将来送りたい生活をイメージします。

 

わたしなら、たとえば、

結婚して、子供2人欲しいです。

また、子供には良い教育を受けて欲しいと思っています。

そうすると、当然お金がかかります。

なので、今は貯蓄というよりは、

将来のために勉強して、

将来に向けて動いている

という流れ・考えが私にはあります。

 

将来の収入増加のための自己投資のおすすめ

問題発覚後、投資に対する意識が非常に高まりました。

確かに、貯金が十分な方はそれがおすすめです。

 

ですが、「貯金もないし、生活も必死です。」という方には

まず、勉強をすることをお勧めします。

 

将来、自分の収入が増え、

幸せな暮らしができるための

自己投資です。

 

アマゾン物販のおすすめ

将来のために今から動きたいという方には、

アマゾンで物販をすることをお勧めします。

関連記事:物販についての記事

再現性が高く、誰でも出来るからです。

わたしも、知識ありませんでしたが、

上手くいっています。

 

本日は以上です!

最後までお読みいただきありがとうございました^^

コメントお待ちしてます^^

 

応援お願いします^^

ツイッターはじめました!

よろしかったら、フォローお願いします。

あとこちらも応援(クリック)よろしくお願いします!^^

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

応援お願いします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です