おススメ!無料教材のお知らせ

最近体の調子が悪い方必見!|不調の原因は「現代病」です。

不安な表情の男性

こんにちは!^^

パワハラされて脱サラした元サラリーマンの、なかだ(ryoma01_13)です。

Amazonでの物品販売で、

最高月商135万円、最高月利35万円を達成しました。くわしくはこちら

感想・意見などあれば、コメントくれると嬉しいです^^

現代の日本は、すごく豊かです。

しかし、とてつもなく幸福から遠い所にいます。

日本人は、世界と比べて幸福度が低い国です。

  • 朝起きて、体がだるい
  • 重い足取りで会社に行く
  • 仕事のやる気が起きない
  • 急いでご飯を食べる
  • 疲れ切って家に帰る

こんな生活をしている人がほとんどだと思います。

自分の暮らしがうまくいっていない?

自分の人生こんなはずではなかったのでは?

そう思っている人の原因は「文明病」かもしれません。

今回は、文明病について触れていきます。

現代人の不調の原因とは?

体調が悪い女性

現代社会に起因する特有の病気や症状を「文明病」という。 その典型的な例が「肥満」。

まず、人間の不調の原因についてです。

人間の体の不調は、「旧石器時代」の生活とかけ離れていることが根本原因です。

理由は、人間の体が、600万年間狩猟採取生活の時に適応しているからです。

農耕生活は、たったの1~2万年と言われています。

 

文明病の一つ、例えば、「肥満」

現代人は、とても簡単にハイカロリーな食事ができます。

大昔なら「狩り」ですが、

今の時代は、マックに行けば簡単に1日分のカロリーを摂取できます。

そして、肥満の人は、体中で炎症が起きています。

 

因みに、長寿の人はこの「炎症」が極めて少ないことが分かっていて、

肥満は、自分の寿命を縮めています。

とても恐ろしい症状の一つです。

また、「糖尿病」や、「鬱病」

体の中で「炎症」が起きていると言われています。

「肥満」の人の体の中の「炎症」について

肥満の男性

「内臓脂肪」を体は、「異物」と判断しています。

なので、体の中で退治しようと「炎症」が起きます。

脂肪は異物なので、体の中の免疫システムが動きます。

ですが、内臓脂肪は、運動しないと落ちません。

 

内臓脂肪が減らない限り体はジワジワ燃え続けます。

炎症性物質で血管や細胞が傷つきます。

その傷が、「動脈硬化」「脳梗塞」を引き起こします。

重要なのが、このような炎症は自覚症状がありません。

「何となく調子が悪い」で考えが終わります。

ですが、じわじわと体をむしばみ、やがて爆発するのです。

心の病気での「炎症」|鬱病

慢性的な炎症は、「脳」にも影響を及ぼします。

最近、注目されてきたのが、「鬱病の炎症モデル」です。

実際、まだ具体的にはわかっていませんが

体が何らかのダメージを受けます。

すると、「サイトカイン」という物質が分泌されます。

このサイトカインが、脳に悪影響を及ぼすという仮説です。

この仮説は、抗がん剤が効かない患者がいること。

今まで有力だった「脳内ホルモン説」が違うというところ。

そこから考えられた仮説です。

「不安」と体の不調との関係

不安を抱く男性

不安には、2種類あります。

  • はっきりした不安:ライオンに襲われる
  • ぼんやりした不安:漠然とした将来の不安

「不安」という感情は、大昔の人間も持っていました。

ですが、農耕生活を始めてから、人間は、

数か月先~来年という不確定な要素(未来)を考え始めます。

このぼんやりした不安が、「不安」の原因です。

「ぼんやりした不安」は人生の質(QOL)に悪影響を及ぼす

  1. 慢性的な不安は記憶力を低下させる
  2. 不安は、理性的な判断力を奪います
  3. 不安はあなたの死期を早めます
  4. 不安は不安を呼び込みます

上記の例は、「不安」が体に与える代表的なものです。

ぼんやりした不安のせいで、

脳の偏桃体というセンサーが過剰に反応してしまいます。

 

不安という感情は、「体のアラーム」です。

農耕生活で、人類は「遠い未来」を描く必要がありました。

ですが、人類の遺伝子は、「遠い未来」に対応していません。

なので、「不安」という短期的なプログラムを使って対応しているのです。

まとめ

夜明けの山の写真

人間の一番理想的な生活は、旧石器時代の生活です。

少人数で生活し、狩猟採集生活をすることです。

これが、人間の体に合った生活です。

しかし、それは不可能です。

もちろん、意識してそうした生活に近づけると効果があります。

キャンプ・登山や自然を取り入れることです。

 

まずは、人間というものがどういう機能を持っていて

それはどうしてなのかを知るのが大切です。

今回は、『最高の体調』という本を参考に書きました。

クリック応援お願いします!

こちらも応援(クリック)よろしくお願いします!^^

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

フォロー・拡散お願いします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です