おススメ!無料教材のお知らせ

【驚愕】日本人の半数はコロナの集団免疫を獲得していた!

集団免疫解説の図

こんにちは!^^

パワハラされて脱サラした元サラリーマンの、なかだ(ryoma01_13)です。

Amazonでの物品販売で、

最高月商135万円、最高月利35万円を達成しました。くわしくはこちら

感想・意見などあれば、コメントくれると嬉しいです^^

各国の死者数

無事、緊急事態宣言が解除し、コロナの前のような生活に戻りつつあります。

ですが、コロナについて1つ大きな疑問が皆さんの中にもあると思います。

それが、

なぜ日本の死者数があまりに少ないのか?

という事についてです。

海外からは「日本の奇跡」と呼ばれます。

各国死者数

アメリカ合衆国9万3806人、イギリス3万5704人、イタリア3万2330人、フランス2万8132人、

スペイン2万7888人、ブラジル1万8894人、ドイツ8270人、中国4634人、ロシア3099人

日本784人、韓国264人

そのことについて、京大と吉備国際大学の研究チームがひとつの答え(仮説)を出しました。

日本人は既に半数以上がコロナに感染し、免疫を持っている

日本人は既に「半数超がコロナに感染」していたという事になります。

研究によると日本が春節の際、中国人を受け入れたことが結果的に成功したという事です。

これが事実だとすると、かなり驚きですね…^^;

参考資料:世界がモヤモヤする「日本の奇蹟」を裏付ける”国民集団免疫説”…京大教授ら発表

 

新型コロナウイルス 3つの種類

世界がモヤモヤする「日本の奇蹟」を裏付ける”国民集団免疫説”…京大教授ら発表

研究グループによると、新型コロナウイルスには3つの型があるという。S型、K型、G型だ。最初にS型が発生し、それが変異したものがK型。武漢でさらに変異した感染力の強い型がG型だ。

そもそもコロナウイルスには、3種類あってそれぞれ特徴がある。

  1. S型(先駆けのS)最初の新型コロナウイルス
  2. K型(日本のインフルエンザ流行曲線が大きく欠けるのK)S型が変異したウイルス
  3. G型(グローバルのG)武漢で猛威を振るった感染力の強いウイルス

※G型ウイルスは、

つまり、武漢での恐ろしい光景を引き起こしたのは

すでにS→K→G型と進化した、G型ウイルスという事です。

関連記事:日本人感染者発生!新型コロナウィルスについてと予防法

↑日本の対応が全くなってなくて焦っていた頃の記事です

そうすると、最初のS型がスタートしたのはかなり前という事になります。

ウイルスの変異を考えると、去年の夏~秋にかけて始まっていたか?という事になります。

※時期は筆者予想

3種類の新型コロナウイルスと免疫との関係について

スウェーデンの街中
スウェーデンの街中

今年はインフルエンザの患者が少ないですが、

日本人が早期に新型コロナウイルスK型に感染していたからではないかと考えられます。

 

実は、インフルエンザに感染すると、新型コロナウイルスに感染しなくなることが分かっています。

この現象をウイルス競合、あるいはウイルス干渉と呼びます。

 

先駆けであるS型は弱いウイルスなので、インフルエンザに対するウイルス干渉も弱い

次にS型から変異したK型は、日本のインフルエンザ流行曲線が大きく欠けるほど、

日本人がK型ウイルスが感染したと考えられます。

つまり日本人は知らずに、K型ウイルスで集団免疫を獲得していたという事になります!!

 

日本が春節の中国人を受け入れたことが結果として、

K型ウイルスを日本人に感染させることになり、G型ウイルスにかかっても重症化せず

結果、死者数が少なったという事になります。

  • S型とK型の両方感染→G型ウイルスの免疫あり
  • S型だけ感染→G型ウイルスの免疫なし×→重症化リスク高い(早くロックダウンした欧米)
  • K型だけ感染→G型ウイルスの免疫あり

では、小規模ながら流行したのはなぜか。研究によると、

G型に集団免疫が成立するには、集団の80.9%の人が感染して免疫を持つ必要がある。

一方、K型で集団免疫が成立した段階では集団の54.5%しか感染して免疫を持っていないため、

80.9-54.5=26.4%に新たに感染が起こる。

よって、K型で集団免疫が成立していたにもかかわらず、日本に流行が起こったのはこのためです。

 

K型は54%で集団免疫が成立するということは

日本人の54.5%(6894万2500人)=日本人の推定抗体保有率となります。

人口ー抗体保有者=5755万7500人=抗体を持っていない人となります。

※日本の人口:1.265憶人

仮に、この説が正しいとすると57万人はまだ感染の可能性があるという事になります。

そうすると、まだまだ長い戦いになると感じざるを得ません。

 

世界中に新型コロナウイルスが伝播した流れ

自粛明けの通勤風景
自粛明け後の通勤風景

先ほど話した通り、新型コロナウイルスには、3種類のウイルスが存在します。

毒性の弱いS型→変異したK型→さらにパワーアップしたG型の三つです。

G型は、武漢を大変な状況にした恐ろしいウイルスです。

日本での感染伝播の場合

まず中国でS型K型が流行りました。その後、中国ではG型ウイルスが猛威を振るいます。

しかし日本は、武漢でG型が沢山の死者を出しても、入国禁止にしませんでした。

そして、その頃主流だったK型を含む中国人が大量に流入します。

なんとそこで日本人は、S型とK型の二つに感染したのでG型の免疫を獲得したのです。

欧米の場合

まず、S型が欧米人に感染します。日本は入国禁止にしなかったので、

G型に対する免疫を持つことに成功します

欧米では、ロックダウンを早めに実施したため、K型免疫を獲得できず!

S型感染済みでK型感染なしというG型にかかると重症化しやすい状況を作ってしまった。

また、ADE効果容態急変の原因にもなりました。

抗体依存性免疫増強(ADE)効果とは、抗体の助けを得てウイルスが爆発的に細胞に感染していく現象のことである。ADEが起きている間、ウイルスは細胞内に入っていき、血中からは減るので、一見病状が改善したような状態がしばらくは続く。しかし、ある時点でウイルスが細胞を破裂させるかのように大量に出てきて、患者の急変が起こる。

・・・(中略)欧米ではG型感染の重症化が起こり、致死率が上がったというわけだ。出典

まとめ

今回の研究をまとめると以下のようになります!

  1. 新型コロナウイルスはS型K型G型の3つあり、G型(武漢型)が恐ろしい
  2. S型感染→G型感染はフランスとイタリアのようになる(重症化する人続出)
  3. S型とK型両方の感染→G型を防ぐ免疫が出来る(日本はこれ)
  4. 日本はK型の集団免疫を獲得している
  5. すでに日本人の6900万人に免疫あり
  6. 残りの5750万人が未だ感染せず今後かかる恐れがある

※あくまでまだ仮説段階です。なので続報をお待ちください。

ですが、わたしは今後について希望が持てると感じました。

そして日本の奇跡が本当に奇跡的に感じます。

 

クリック応援お願いします!

こちらも応援(クリック)よろしくお願いします!^^

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

フォロー・拡散お願いします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です