おススメ!無料教材のお知らせ

【副業】イベントスタッフの仕事内容を公開してみた【体験談】

着ぐるみバイト

こんにちは!^^

パワハラされて脱サラした元サラリーマンの、なかだ(ryoma01_13)です。

Amazonでの物品販売で、
最高月商135万円、最高月利35万円を達成しました。くわしくはこちら

 

短期の仕事がしたい!

私は、脱サラ後お金が無くなりました。

関連記事:【貯金残高1万円】脱サラの先に希望はあるのか!?【第5話】

ですが勉強に時間を使いたかった。

 

なので、日々の生活費を稼ぎつつ時間を確保したかったので、

短期の仕事を選びました。

やっぱり楽してお金稼ぎたいですよね!!!笑

 

短期の仕事といっても色々あります。

私は結局2社に応募しました。

それぞれタイプが全然違いました。

  1. 会場設営タイプ
  2. イベントスタッフタイプ

の2種類です。

 

圧倒的に、おすすめは後者です。

前者は雰囲気最悪で、帰りたくて帰りたくて仕方なかったです。

怒号が飛び交います…

結局、1回しか行っていません。

 

なので、おすすめのイベントスタッフについて紹介します。

 

イベントスタッフとは

そもそもイベントスタッフの仕事は、

「コンサート」「ライブ」「スポーツイベント」「アニメのイベント」「セミナー」

などが代表的です。

「幕張メッセ」「東京ビッグサイト」

などが代表的な大きな会場で仕事をします。

私の場合は、小さい会場で割とこじんまりとしている仕事から、

大きな会場で仕事する機会がありました!

そもそも私の場合、お金を最低限稼ぎつつ、勉強したかったので、

条件に合った仕事は、短期の仕事くらいでした。

私の場合は、イベントスタッフを中心に仕事しました!!!

 

厳密には、そういう仕事を紹介してくれる

登録会社に登録しました。

 

仕事までの流れ

最初に流れを確認すると、

  1. 求人サイトにアクセス
  2. 仕事を選ぶ
  3. 応募する
  4. 面接する
  5. 案件が来る
  6. 仕事を選ぶ
  7. 働く

こういった流れになります。

求人サイトにアクセス

まず、「タウンワーク」「マイナビバイト」といった

仕事が掲載されているサイトに行って仕事を探します。

仕事を選ぶ

その中で、「イベントスタッフ」を検索します。

一年を通して、募集されていますので、

その中から、応募をします。

他の仕事も当然ありますので、

他の仕事がよければそちらも試してください!

応募する

よさそうな仕事を見つけたらいよいよ応募です。

応募の場合は、登録会社に連絡が行きます。

わたしも応募するまで、知りませんでしたが、

大きな会社だけでなく小さな会社もかなりありました。

いわゆる、派遣会社と同じです。

色々な会社があるので、分からなければ、いろいろ登録して

自分に合った会社を見つけて下さい。

面接する

ここが少し面倒です。会社まで出向きます。

基本面接は通ると思いますが、ある程度の身なりで行って下さい。

スーツじゃなくていいです。

記憶があいまいですが、わたしの場合、1時間程度で終了でした。

案件が来る

メールアドレスを登録すると、

仕事案内メールが沢山来ます。

メールには、「場所」「時間」「拘束時間」「給料」

などが明記されています。

面白そうな仕事は、すぐに埋まってしまいます。

ご注意ください。

仕事を選ぶ

実際に仕事を選びます。

返信や、電話で問い合わせます。

決まると詳細メールが送られてきます。

働く

集合して、実際の現場に行き、働きます。

実際現場に行かないと分からないことも多いらしく、

たまに指示が混乱します。笑

苛立つ現場もちらほら…

楽な現場から、少々大変な現場まであります。

 

楽な仕事が良い場合は、仕事内容から考えて応募すると良いです。

あと、正直運が必要です。笑

 

仕事内容

仕事内容はイベントによって異なります。

私が経験したのは、「会場誘導」「会場の設営」です。

他には、「グッズ販売」「チケットもぎり」などがあります。

先ほど話した通り、イベントで、どのような仕事をするかは、

当日に知らされることが多いです。

イベントスタッフは、イベントの開催期間のみの仕事なので、

1日からの短期から探せます。

逆にいうと、いい仕事でも数日経つと終わってしまいます。

 

少数で小さい会場でこじんまりとしている仕事、

大人数で大きな会場で仕事する機会もあります!

 

報酬金額

案件によって様々です。

鍵となってくるのは、拘束時間です。

拘束時間が長いと、1日1万円の案件もあります。

短いと、3千円の仕事もありました。

 

私は、金欠だったので、金額を重視して仕事を選んでいました。

 

振り込まれるまでの流れ

注意してほしいのが、私の場合、

週払いと、月払いで金額に違いがある点です。

 

大体の人が、直ぐ欲しいので少ない金額を選びます。

例えば、月払いだと1万円だが、

週払いだと8000円ということがあります。

 

詳しくは、仕事案内のメールに書いてあります。

 

私の場合は、週払いを申請しました。

私の場合、申請忘れると月払いになります!

お金がなかったので。笑

あんまり覚えていませんが、月曜日~日曜日の給料を、

次の火曜日あたりに振り込まれた気がします。

 

月払いだと、1か月後2か月後になってしまったと思います。

キャッシュに余裕があると良いですが、

直ぐ欲しい場合は、注意をしてください!

 

ここは、会社によって違います。

しっかり面談の時に確認してください。

 

感想~サラリーマンも結構いた~

メリットとデメリットがありました。詳しくは、今後お伝えします。

関連記事:楽して稼ぎたい!イベントスタッフのメリットデメリットをまとめてみた

意外とサラリーマンのかたもいました。

給料が足りない人は、おすすめです!

 

短期でいろんな場所に行き仕事するので飽きっぽい方にはおすすめです!

それぞれの仕事も経験が無い内容が多く刺激もあります。

いろいろな仕事を体験できます。

 

私は初心者でしたが、どの業界や仕事にもベテランの方がいました。

ずっとやっていらっしゃる方もいるので、続けやすい仕事なのかなと。

ただ、気の合わない人と一緒になることもあります。

その場合は少し我慢が必要です。

 

それはどこに行っても同じですよね。

人が大勢いれば、考えの違いは当然ありますから。

ですが、できることなら、

付き合いたくない人とは付き合いたくはないですよね…笑

 

肉体労働ではなくて頭脳労働を!!!

労働収入は、いろいろ大変です。

 

それより、勉強して頭を使って、何か事業をした方が良いです。

その方が成長できるし人生楽しくなります。

 

何かに挑戦して、それを成し遂げられると自分に前向きになれます。

そうすると自然と気持ちも明るくなり、ポジティブになります。

 

私も特に最近からですが、ようやく楽しくなってきました^^

 

今回は以上です!

今回もお読みいただきありがとうございました^^

 

クリック応援お願いします!

こちらも応援(クリック)よろしくお願いします!^^

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

フォロー・拡散お願いします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です