おススメ!無料教材のお知らせ

【アマゾンに発送するときの注意点】商品が家から倉庫に行くまで&必要な物

段ボールから猫

こんにちは!^^

パワハラされて脱サラした元サラリーマンの、なかだ(ryoma01_13)です。

Amazonでの物品販売で、
最高月商135万円、最高月利35万円を達成しました。くわしくはこちら

 

商品がアマゾン倉庫に行くまで

今回は、いつもどうやって商品をアマゾンに送っているかについて

お話しします。

 

慣れてしまえば簡単です。

ですが、初心者の頃は、商品を送るのも

不安で不安で仕方なたったです。

なので、当時知りたかった情報をお伝えします。

<全体像>

仕入れる→自宅に届く→商品を登録→ラベルを貼る→梱包→発送

 

準備するもの

まず準備するものを紹介します。

  1. ガムテープ
  2. 段ボール
  3. パソコン
  4. プリンター
  5. ラベルシール
  6. 緩衝材(プチプチ)

ガムテープ

ガムテープ

これは自宅にあるガムテープで問題ないです。

商品を段ボールに入れます。

その際に封をする目的で必要です。

段ボール

段ボール
家にたまたまあった段ボールです

商品を入れる段ボールが必要です。

大きさは、80~100サイズぐらいがいいと思います。

入手する方法は、2つあります。

・スーパーにある段ボールを持って行く

・アマゾンで買う

どちらでも良いです。

わたしは、たまにスーパーでもらってきます。

パソコン

自宅のパソコン
少し汚いですが、、、

わたしは、物販始める前にパソコンを買いました。

家にパソコンがある方は、

そのパソコンを使ってもらえればいいです。

 

無い方は、思い切って買ってみてください。

わたしは、デスクトップパソコンにしました。

今は、スマートフォンしかない人も多いらしいですので。

プリンター

プリンター

これも自宅にある人はそれを使ってください。

新調してもいいと思います。

インクジェットよりは、カラーレーザープリンターのほうがおすすめです。

わたしは、インクジェットです。笑

どちらでも良いです。

ラベルシール

ラベルシール

アマゾンでは、各商品にラベルを貼らなくてはいけません。

それを印刷する大事なものになります。

写真のものを使っています。

緩衝材(プチプチ)

商品を梱包するときに、使います。

最初は、少し多めに買うと良いです。

100円ショップに売っています。

 

届いた商品を登録する

アマゾンの画面でも、出品できます。

しかし、わたしはアマゾンの出品者が使うツールを使っています。

いろいろありますが、私はプライスターがおすすめです。

プライスターは「せどり」や「Amazon輸出」をする人のために、Amazonでの出品をかんたんにしたり、ボタン一つで価格の自動変更をしたり、売れた商品の利益計算を自動でおこなうツールです。

出典:こちら

画面上で、商品を登録します。

プライスタートップページ

こちらがトップページです。

出品するという所から、商品を登録し、納品リストを作成します。

 

商品ラベルを印刷する

登録が完了すると、商品ラベル印刷に入ります。

商品ラベル

こういったものを印刷します。

プリンターにシールの紙をセッティングします。

 

商品ラベルを商品に貼る

先ほど印刷したものを商品に貼ります。

バーコードがある商品は、

バーコードを隠すようにうまく貼ります。

 

商品をダンボールに入れる

商品を段ボールに丁寧に入れてあげます。

わたしは、輸送時のリスクを考えて、

緩衝材を底と上に敷いて発送するようにします。

 

関連記事:【アマゾンからの警告】梱包について注意を受けた内容をまとめてみた【注意点】

Amazon倉庫(FBA)に送る!

いよいよ、商品満載の段ボールを

送ります。

無事売れますように!

わたしは、ヤマト運輸を使います。

直接営業所にもっていきます。

 

今回は、以上です!

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

クリック応援お願いします!

こちらも応援(クリック)よろしくお願いします!^^

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

フォロー・拡散お願いします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です