おススメ!無料教材のお知らせ

【仕入れ値はどう決める?】モノレートの見方&アマゾン手数料を解説

値崩れ イメージ画像

こんにちは!^^

パワハラされて脱サラした元サラリーマンの、なかだ(ryoma01_13)です。

Amazonでの物品販売で、
最高月商135万円、最高月利35万円を達成しました。くわしくはこちら

 

全体像はこちら!

こちらの記事に書いてありますので、分からない方は参考に!

関連記事:【まとめ記事】物販で商品が売れるまでを紹介してみた【仕事内容】

 

今回は、リサーチに特化した記事となります。

今回の記事は少し詳しいので、以前の記事をまずは読んで下さい。

関連記事:モノレートの見方を詳しく解説!1日3時間でサラリーマンに負けない収入を稼ぐ!

↑初歩的なことを紹介しています。

 

適切な仕入れ値ついて

ずばり20%です!

どうしてこの数字か?

わたしは、20%を目安に仕入れをしています。

どうしてかというと、

 

例えば、アマゾンではいきなり価格が暴落することがあります。

プチ暴落です。笑

意外とAmazonでは、暴落が頻発しています。

 

もちろん、暴落が起こる商品ばっかりでないですが、

そういうリスクがどの商品にもあります。

 

この暴落を、「値崩れ」と言います。

<値崩れ具体例>

値崩れ イメージ画像
ギザギザしていたり、空白があったり、急上昇急下降しています

↓↓↓↓↓

マカクラチャイダム 編集

 

何となくわかりますか?

目立つところは赤枠でチェックしました。

※※※こういう商品は仕入れてはいけません。※※※

 

値崩れがあったとしても、20%の利益率で仕入れると、

プラスマイナスゼロ辺りで売れることが可能となります。

 

プラスマイナス0でもOK!

「え?利益出ないじゃん!?」

と思われるかもしれません。

ですが、良いんです!

 

プラスマイナスゼロでも、

その売価の金額を回収して、

すぐに他の商品の仕入れに回せばいい

と物販では考えます。

 

物販にとって一番恐れるべきこととは?

プラスマイナスゼロより

注意しないといけない点があります。

 

それは、不良在庫になる事です。

利益率20%の商品在庫が溜まっても、

全く売れない商品ばかりだと、

 

いわゆる「黒字倒産」してしまいます。

 

つまり、物販で言うと、ほとんどの場合、

クレジットカードの引き落としに

「引落不能」となることです。

 

出品者の数と価格について

出品者数を確認しよう

どうしても、出品者が多いと、値崩れを起こす可能性があります。

基本、出品者は早めに売りたいので、売れないと、価格を変更します。

その時、価格を上げるわけはありません。

価格を下げます。

それが、連鎖的に起こると値崩れします。

 

なので、その商品が、

月に何個売れていて何人の出品者がいるかを、

確認するとこが大事です。

 

月に何個売れているかがわかる便利ツール

グーグルクロームの「拡張機能」という物があります。

これは、クロームを使いやすくするために、

色々な人が機能を追加してくれています。

おすすめのウェブブラウザーは、圧倒的に

グーグルクロームです。

モノゾンのように拡張機能がありますし、

それ以外でも使い勝手が段違いに良いです。

 

その中の一つであるモノゾンを入れます。

モノゾンはこちら!

モノレート インストール画面

 

こちらをインストールすると、

このように、一目瞭然で過去3か月分の売り上げが分かります!モノレートの画面に、このように表示されます。

モノゾン 表示画面

インストール自体は簡単なので、やってみてください。

 

Amazon手数料

わたしが、最初にガン無視していた、Amazon手数料ですが、

無視してはいけません。笑

関連記事:【リサーチツール紹介あり!】デビュー時の失敗談を語ってみた

 

調べたい商品をモノレートでチェック

まず、覚えておいて欲しいのが、

「ASIN」です。

 ASINは「Amazon Standard Identification Number」の略で、Amazonグループが取り扱う、書籍以外の商品を識別する10けたの番号です。出典:アマゾンのヘルプページ

この番号で、商品を管理しています。

ASINをクリック

ASIN説明

ASINの横の番号をクリックします。

FBA料金ボタンをクリック

モノレートの同じページの

「FBA料金」と書かれたボタンを押します。

FBA料金ボタン

FBA料金シミュレーター

すると、こちらの画面に飛びます!

FBA料金シミュレーター

この後は、検索窓に「Ctrl+V」でコピーしたASINを貼り付けます。

検索ボタンを押すと、商品の写真が出てきます。

 

商品価格を打ち込む

ここで、前のモノレートの画面に戻ってください。

最安値の値段を覚えて、料金シミュレーターに打ち込んでください。

料金シミュレーター 売価

利益率20%の原価を調べる

20%でも金額にある程度の振れ幅があります。

今回は色々数字を入れて、

「6120円」が妥当という結論になりました。

ポケモンボール原価20%

なので、この商品を仕入れる場合。

売価:9300円

原価:6120円

利益率:20%

となります。

 

まとめ

いかがでしたか。

これで、リサーチはばっしちです!

 

いろいろ例外なんかもありますが、

基本はこんな感じです。

 

最初は面倒くさいと思うかもしれません。

ですが慣れてしまえば、ただの作業になります。

 

再現性が物販は高いので、やってみてください^^

関連記事:会社に行きたくない!転職を考えている方に【物販のおすすめ】

今回は以上です!

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

クリック応援お願いします!

こちらも応援(クリック)よろしくお願いします!^^

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

フォロー・拡散お願いします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です