おススメ!無料教材のお知らせ

仕事で埋もれそうな人に!仕事がスムーズになる魔法の考え【シングルタスク】

仕事の多さにショックを受ける女性

こんにちは!^^

パワハラされて脱サラした元サラリーマンの、なかだ(ryoma01_13)です。

Amazonでの物品販売で、
最高月商135万円、最高月利35万円を達成しました。くわしくはこちら

 

仕事が多いこの時期に

皆さん仕事が忙しいですか?笑

お疲れ様です。

 

仕事が忙しいと、視野が狭くなりがちです。

ストレスが溜まっている人も多いのではないでしょうか?

 

仕事をするうえで、大事となる考え方があります。

わたしも知ったときはかなり驚いた考え方です。

 

「えー」っと思うかもしれませんが、

新たな考えを受け入れて、意識してくれればと思います。

 

今回は、シングルタスクという本を参考に書きます。

 

マルチタスク

まずは、よくない例を言います。

それはマルチタスクです。

これは、同時に複数の仕事をこなそうとする人のことです。

 

おそらく「仕事が多いからしょうがない」

と感じると思います。

 

「同時に複数の仕事をこなす」

人を仕事ができる人と思っていませんか?

わたしは、そうでした。

ですが、それは違いました。

 

詳しくは後でお話ししますが、

経験上、わたしがサラリーマン時代に、

日頃、仕事がどんどん増えていきました。

上司から降られたり、突発的な指示だったり。

 

当時の私は、複数の仕事を同時にこなそうとしていました。

それが仕事のできる人の仕事術だと思ったからです。

 

ですが、そうすると、仕事の漏れが出てきます。

 

よく帰ろうとすると、漏れていた仕事が

見つかり、余計な残業してしまう事もありました。

(残業しているうえにプラスしての残業です。)

 

皆さんもそういった経験があると思います。

私の同僚も上司もそうでした。

というか、私が出会ったサラリーマンは

みんなそうでした。

 

シングルタスク

おすすめするのは、シングルタスクです。

例えば、「A」という仕事をしているうちに、

急に対応が必要な「B」の仕事を頼まれたとします。

 

普通だと「分かりました!」とその仕事をやります。

 

しかし、シングルタスカーの場合、

今は、「A」の仕事をやっています。

そうした場合、「Aの仕事やっていて、あと10分で終わります。

なので、10分待ってください!」と言って待ってもらいます。

 

もしくは、今「A」という仕事をやっています。

~~さんから振られた仕事です。

そちらを最優先すればよろしいでしょうか?

と聞きます。

 

シングルタスクをする上で大事なこと

シングルタスクにするとよいことが起きます。

一つの仕事に集中することで、

その仕事に没頭できます。

一つの仕事に没頭できる自分を持っていくことが目的です。

 

仕事を断ると失礼?

人が良いと、「はい!」と言わないと、

失礼になると考えると思います。

おそらく私もサラリーマンだったらそう思ったでしょう。

 

ですが、考えて下さい。

仕事を振ってきた人は、あなたの状況を知っていますか?

上司はあなたより忙しいと仮定すると、

上司は、出来るだろうという仕事量より多く

仕事を振ってきます。

 

ここで、「はい!」と言うのは簡単ですが、

長期的にみると、自分の状況をしっかり伝えることで、

上司も理解できる部分が生まれます。

 

上司も適当に仕事をこなしてほしくはありません。

 

しっかり今置かれている立場を伝えて、

その上でどうするべきか聞くことが大切です。

 

シングルタスクを成功させる日頃の習慣

最初は、おそらく受け入れられないと思います。

そういった場合は、以下の方法を取り入れて下さい。

1日の予定を書きだす

朝に5~10分その日の予定を

時系列でメモします。

そうすることで、毎日整理した状態で、会社に行けます。

 

今日やらなければいけない仕事、

ルーティーンなどです。

 

自分と対話する

また、朝に時間を取って、「自分と対話」します。

なにそれ?

と思うと思いますが、とりあえず、何でもいいので、

起きてすぐ考えていることを書きだします。

 

例えば、

「眠い」「今日は仕事が多いな」「昨日の仕事はうまくいかなかったな」

「今日は~をやろう」「会議だるいな」

などを紙に書きます。

 

それを毎日していくと、

その内「今日はこうしよう。」

と考えられるようになります。

 

そうすると自然とやるべきことが見えます。

そして、仕事に集中できるようになります。

 

シングルタスクは人間関係にも有効

シングルタスクは、人間関係にも適応できます。

 

例えば、上司から毎日数分でもいいので、

「自分の話を聞いてくれるな」

「自分の考えを理解してくれたな」

と感じた、そう思えた経験がありますか?

 

おそらくないと思います。

そういう上司がいるなら幸せ者です。

 

毎日数分でもいいので、

「上司・部下・同僚」としっかり話を聞く時間を、

完全に集中して対応する意識を、

持つことが大切です。

 

  • 自分の仕事に精一杯になっていませんか?
  • 自分の周りの人と目を見て話していますか?
  • 周りの人と一対一で時間をしっかりとれていますか?

言い訳したらアウト

「いや、忙しいし」「そんな余裕はない」

「そんなの暇人がすることだ」「そんなことより早く帰りたい」

と思ったら「アウト」です。

 

冷静になってください。

周りの人、暇そうですか?

違いますよね。

忙しいのは、あなただけではありません。

 

この事をしっかり覚えておくと、

あなたの評価は自然と上がります。

周りに「気遣いが出来る人」という評価になるからです。

 

人間は、誰でも自分を無下に扱われたと感じると

不愉快になります。

誰にでも、最低限の態度で臨んでください。

 

まとめ

会社では、いろんな人間関係があると思います。

ですが、論理的に考える思考が大切です。

 

感情を一回外に置きます。

そして、自分の仕事(タスク)が何なのか

しっかり朝確認します。

 

そして、そのうえで、突発的な仕事が生まれたら、

周囲や上司に確認して、

優先順位をしっかり付けます。

 

その結果、たとえ残業したとしても、

生産性は非常に高くなります。

 

朝忙しいと思いますが、時間を取って、

自分のために時間を使ってくださいね。^^

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

追伸

例えば、「A」さんと話をしていて、

「B」さんに話しかけられたとします。

 

その場合は、BさんにいまAさんと話しているから、

「少し待ってほしい。あとで行きます。」と目を見て伝えます。

 

相手は、自分を無下に扱われたとは思わないはずです。

理由をしっかり述べて、あとで話を聞きに行くわけですから。

 

クリック応援お願いします!

こちらも応援(クリック)よろしくお願いします!^^

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

フォロー・拡散お願いします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です