おススメ!無料教材のお知らせ

【雑談力】気まずい雰囲気になりたくない!と思ったときの7つの方法

上司とうまくいく人といかない人

こんにちは!^^

パワハラされて脱サラした元サラリーマンの、なかだ(ryoma01_13)です。

Amazonでの物品販売で、

最高月商135万円、最高月利35万円を達成しました。くわしくはこちら

感想・意見などあれば、コメントくれると嬉しいです^^

人間は絶対一人では生きられません。誰かと関わる必要があります。

生活する中で、苦手な人や全く知らない人と話すシチュエーションがどうしてもあります。

そのときに「何を話せばいいんだ」と不安に思ったことはないでしょうか。

今回は、何を話せばいいのか分からないときの7つの方法について触れていきます。

 

雑談の基本7ルール

楽しそうに談笑するOL

<7つのルール>

  1. 会話のラリーを続ける
  2. 気持ちをやり取りする
  3. エピソードや経験談を話す
  4. 肯定して共感する
  5. 大きなリアクションで一緒に楽しむ
  6. 会話が途切れたら「自分に近い話題」に引き戻す
  7. ほどよいところで切り上げる

 

ルール1~3は、「どう話せばいいか」について。

ルール4~5は、「どう聞けばいいのか」について

ルール6と7は、困ったときのテクニックに関するのルールです。

ルール1:会話のラリーを続ける

雑談の目的

それは、「人間関係の構築」です!とにかく話を続けることが重要。

なので、雑談に面白い話は要りません!さらに「結論」や「オチ」も必要ありません。

雑談で大切なのは、「内容」ではなく「ラリー」です。

ルール2:気持ちをやり取りする

雑談の中身

雑談を「情報交換」と考えている人がいます。これは間違った雑談です。

そもそも雑談には2種類あります。

  1. 仲良くなりやすい雑談
  2. 仲良くなりにくい雑談

情報交換は、②の仲良くなりにくい雑談の典型例です。

雑談で大切なのは、気持ちを伝えることです。

肩の力を抜いて、自分がどう思ったのかを共有すると自然と親密になれます。

「情報」ではなく、「気持ち」を話すことが大切です。

ルール3:エピソードや経験談を話す

雑談のキッカケ

雑談のキッカケで間違えがちなのが、ニュースや時事ネタを話してしまう事です。

そうではなく、「自分自身のエピソードや経験談を話す」のが正解です。

その際は、「擬音」や気持ちを一緒に伝えると相手と距離が近づきます。

ルール4:肯定して共感する

話の聞き方

ルール④は、話の聞き方についてです。

基本、相手の雑談はきちんと聞かなくてはなりません。

今までをまとめると、

「結論やオチを求めず」、「会話のラリーを続け」、「相手が気持ちを話す」ように

もっていくのが正しい雑談の方向性です。

相手の話を聞くときは、「肯定し共感する」と、相手が気持ちを言いやすくなります。

決して、聞き上手にならなくてはいけないという事ではありません。

ルール1の通り、続けられれば良いのです。

ルール5:大きなリアクションで一緒に楽しむ

効果的なリアクション

相手の話を聞いているときは、リアクションするだけで会話が成り立ちます。

身振り手振りを大きくしたり、表情を変えたり、笑うとそれだけで雑談成立です。

少し力を抜いても良いという事です。

ルール6:会話が途切れたら「自分に近い話題」に引き戻す

沈黙の対処法

沈黙を恐れて、いろんな話題を振るのは辞めましょう。

多少の沈黙を恐れず、会話のペースを落としましょう。

そして「基本」である、「自分の話をする。気持ちの話をする。」ことです。

沈黙が訪れたら、身近なエピソードをきっかけに気持ちを話すようにしましょう。

ルール7:ほどよいところで切り上げる

コーヒーを飲むOL

雑談の切り上げ方

ルール6とは逆に、会話が終わらなかった場合についてのルールです。

雑談は、あくまで雑談です。

なので、雑談は「いつか終わるもの」と考えておくことがとても大事です。

 

切り上げるときは、今までのルールの内容とをすると効果的です。

なるべく気持ちを話さず、リアクションを抑え、話をまとめて、その場を去る。

そして最後に「ありがとうございました。」と言うと相手も不快に思わず終えられます。

クリック応援お願いします!

こちらも応援(クリック)よろしくお願いします!^^

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

フォロー・拡散お願いします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です